【解決事例】短期間で離婚に関する合意が形成できた事例


種類:離婚、親権、養育費

性別:女性

年齢:30代

お住まいの地域:札幌市近郊

解決までの期間: 3ヶ月

相談の背景

離婚を決意し、3人のお子さんを連れて別居した妻に対し、夫が離婚や親権を争っていました。

妻側の代理人として、親権を確保することと、養育費金額をきちんと取決め、早期に解決することのご希望を受けました。

当事務所の対応

当事者間の感情的な対立が大きく、別居に至る経過からも協議による解決は困難と思われ、速やかに離婚調停を申し立てました

特に早期解決のご希望が強かったケースのため、離婚と親権の合意を形成することを最優先とし、養育費金額についても相当額にて取り決めるため、調停手続を通じて相手方の主張や希望にも耳を傾けるとともに、裁判所に必要な調査を早期に実施するよう促す等しました。

結果

当初、夫は、離婚と親権については一切譲歩しない態度を示していましたが、調停手続を通じて、妻が復縁に応じることがないことを理解され、また、家庭裁判所調査官による調査の結果から、お子さんが父親の言動に傷ついていたことが明らかとなり、離婚や親権を妻とすることに合意しました。

担当弁護士の所感(担当:高橋弁護士より)

離婚調停は、一般的に6ヶ月程度はかかることが多いように思います。特に、離婚すること自体やお子さんの親権を争っているようなケースでは、ややもすると離婚調停が不成立となり、訴訟で解決せざるを得なくなります。離婚訴訟では、判決まで1年以上かかることも珍しくありません。依頼者の方のお話をよく聞き、早期の解決を最優先に望まれる方に対しては、妥協すべき点と妥協すべきでない点を整理してご説明し、後々後悔されることがないようによく話し合って方針を決定しています。今回のケースは、争点を絞ったことや、裁判所の協力も得て、早期に解決ができたケースと言えます。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

011-802-4545 受付時間 09:00〜18:000