不貞の慰謝料請求で慰謝料の分割払いが認められた事例


種類:不貞慰謝料請求(被請求者側)

性別:女性

お住まいの地域:北海道内

解決までの期間: 6か月

相談の背景

不貞相手の配偶者に不貞行為が発覚し、離婚することとなり、不貞相手と併せて慰謝料請求を提訴されました。

当事務所の対応

不貞行為や婚姻関係の破綻に争いはなかったことから、争点は慰謝料の金額及び支払方法のみとなりました。相手方の請求金額が高額だったことから、減額と分割払いを求めました。

結果

依頼者の生活状況が逼迫していることを伝え、減額に応じてもらったうえで、慰謝料について3年間の分割払いで和解しました。

担当弁護士より 担当弁護士:菅原仁人

被告に資力がないと勝訴判決を得ても強制執行する財産がなく、最終的に争いが解決しない場合があります。

原告にとって被告に資力がないことは大きなデメリットになるので、資力がないことを明らかにしたうえで長期の分割弁済で和解できる場合もあります。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。