いまモラハラに苦しんでいるあなたへ

ようやくモラハラという言葉が世の中に浸透してきた。

当事務所の弁護士は、そんな思いでいます。当事務所は、年間数百件の離婚相談を受けていますが、およそその半数近くはモラハラ夫に苦しむ方からのご相談です。

なぜこんなに弁護士にモラハラを相談する方が多いかというと、モラハラ夫とは対等な話し合いができないからです。

 

モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略語ですが、いわゆる精神的暴力を指します。

身体的暴力が殴る、蹴るといった表現しやすいものであるのに対し、精神的暴力は、言葉だけでなく表情や声の大きさ、ため息、意図的な無視などコミュニケーション全般によってもたらされます。

また、被害者は、自分の能力や気遣いの不足こそが罵倒される原因であり、自分が悪いのだと思い込まされます。

そのため、周囲に相談しても味方になってもらえることが少なく、夫婦のことだから話し合ってみたらと言われたり、対応を変えてみたらといった見当違いのアドバイスを受け、ますます自信を失い、被害は大きくなっていきます。

 

モラハラの加害者は、自らの非は認めず、自信に満ちているため、話し合いはできません。

Aという問題について話していたのに、いつの間にかBという話に論点がすり替えられ、逆に非難されることが常態化しています。

このようなモラハラ夫と、少しでも早く、少しでも被害を少なく離婚するためには、弁護士に相談することが必須です。

どうかこれ以上ひとりで苦しまないでください。

これまで幾多のモラハラ夫と闘ってきた弁護士がきっとお力になります。

自分がモラハラを受けているのかどうかということもわからなくなっている方もたくさんいらっしゃいますので、まずは、自分の気持ちといまの状態を整理するためにご相談に来て頂ければと思います。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。