【解決事例】DV、生活費を渡さない夫から離婚できた事例


種類:離婚等請求事件

性別:50代

年齢:女性

お住まいの地域:札幌市

解決までの期間: 相談後約2年

相談の背景

ご相談者は配偶者から暴言・暴力を受けており、離婚を希望されて来所されました。

すでに配偶者とは別居しており、成人されたお子様と生活をしているが、生活費の支払いを受けられていないとのことでした。

また、配偶者名義で自宅不動産等の財産があるとのことで、相談者は自宅不動産の取得を希望されておりました。

 

当事務所の対応

ひとまず、生活費を確保するために、婚姻費用分担調停(別居中の生活費)を申し立てました。

また、あわせて離婚調停の申し立ても行いました。

 

結果

早々に一定額の婚姻費用を支払ってもらう調停を成立させて、離婚の話し合いを進めました。

離婚については、配偶者が離婚すること自体を争って調停が不成立となったため、離婚原因についての証拠をそろえて訴訟を提起しました。

訴訟においては、配偶者が離婚することに応じる姿勢を見せたため、財産分与について話し合いが進められました。

結果として、相談者が自宅不動産を取得する内容での裁判上の和解が成立無事離婚できました。

 

担当弁護士の所感

婚についてしっかり争っていくために、まずは配偶者からきちんと生活費を支払ってもらうことが重要であると感じる事案でした

 

また、財産分与の対象に不動産がある場合、難しい問題が出てくることが多く、本事案でも早期にご相談をいただいて戦略を立てることができたのがよかったのではないかと思います。

 

 

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。