【解決事例】夫から妻の不貞相手に対して慰謝料請求をできた事例


種類・・・慰謝料請求

性別・・・男性

年齢・・・30代

お住いの地域・・・江別市

解決までの期間・・・6か月

ご相談の背景

男性の妻が知人と不貞行為を行い、男性と妻は離婚することになりました。男性は不貞行為の相手方に対して慰謝料を請求したいと相談に来ました。

 

当事務所の対応

不貞行為の相手方に慰謝料300万円を請求する内容証明郵便を送付したところ、100万円を支払うとの回答がありました。しかし、提示された金額が少額だったので、裁判所に提訴しました。

 

結果

裁判において、相手方は不貞行為の存在自体を認め、男性も離婚していたので、争点は慰謝料の金額のみとなりました。裁判長から和解の提案があり、最終的に180万円の支払いで和解しました。

 

担当弁護士より 担当弁護士:菅原仁人

離婚慰謝料の金額として180万円は必ずしも高額な金額ではありません。


しかし、妻は仕事をしておらず、
慰謝料を請求しても回収可能性が乏しかったことから、男性は妻との離婚に際し、慰謝料を請求しませんでした。配偶者に対して慰謝料を請求せず、不貞行為の相手方に対してのみ慰謝料を請求した事案だったので、若干減額した金額となりましたが、男性も納得する解決となりました。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

011-802-4545 受付時間 09:00〜18:000