【解決事例】高額な慰謝料・財産分与を求められたが、適正な額に戻すことができた事例


種類:離婚等請求事件

性別:40代

年齢:男性

お住まいの地域:札幌市

解決までの期間: 相談後約1か月

相談の背景

ご相談者は、すでに配偶者と別居した状態でご相談にいらっしゃいました。

お話をお聞きすると、別居の一因に、ご相談者による不貞行為があるようでした。
また、夫婦共有財産として、現金や預貯金はそれほどないものの、不動産や株などの資産をお持ちで、配偶者から、慰謝料と財産分与を求められているとのことでした。

 

当事務所の対応

詳しくお話をお聞きすると、配偶者から、夫婦共有財産のほとんどの引き渡しと、高額な慰謝料の支払いを請求されていることがわかりました。
そこで、配偶者に連絡をとり、財産分与としてはあくまで清算(2分の1ずつ)が基本で、ご相談者の有責性に鑑み100万円程度の上乗せをすることを提案して、交渉を行いました。

 

結果

交渉を行った結果、清算的財産分与(2分の1ずつ)に加え、慰謝料的要素に鑑み150万円程度の上乗せをする内容で合意が成立し、弁護士がご相談者の代理人として、配偶者とともに公証役場に行き、公正証書を作成しました。
なお、現金や預貯金がほとんどないケースでしたので、となりました。
不動産や株を配偶者に渡すという形での支払い

担当弁護士の所感(担当:渡辺弁護士より)

いわゆる「有責配偶者からの離婚請求」の事案でしたので、きちんと事実関係について謝罪をし、慰謝料的要素という形で妥当な金額の範囲内で金銭的解決を提示したのが功を奏したのではないかと思います。

また、お金で慰謝料の支払いを行うことが困難なケースでしたが、財産分与の中で慰謝料を考慮するという方法をとったため、不動産や株を配偶者に引き渡すということで解決をすることができました。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

011-802-4545 受付時間 09:00〜18:000