離婚にあたり,子の就学段階に応じて,算定表を超える相当額の養育費の合意ができた事例


種類:慰謝料

性別:女性

年齢:50代

お住まいの地域:札幌市近郊

解決までの期間: 半年

相談の背景

夫の代理人から離婚を求める書面が届き,養育費等の離婚条件について提示された段階でのご相談でした。ご相談者の一番の懸念は,お子さんの希望通りの進路に進ませてあげられるだけの教育費を得られるかどうかという点でした。

当事務所の対応

お子さんの教育費についてのご相談者の懸念を夫の代理人に率直に伝え,算定表には含まれない教育費があることを夫にきちんと理解いただくことで,必要な金額の養育費を支払ってもらえるよう交渉を重ねました。

結果

親の離婚によってお子さんの将来に支障を及ぼすことだけは避けたいというご依頼者の気持ちを夫と共有することができ,お子さんの就学段階に応じた必要な金額の養育費の支払いを合意してもらうことができました。

担当弁護士の所感(担当:高橋弁護士より)

養育費の算出には,いわゆる算定表が使われることが多いですが,「離婚による子どもの将来への影響を回避したい。」という気持ちを親同士で共有できることで,必ずしも算定表に縛られない柔軟な解決を図れることもあります。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。