【解決事例】財産の内容を明らかにしない元夫から離婚できた事例


種類:離婚等請求事件

性別:40代

年齢:女性

お住まいの地域:札幌市

解決までの期間: 相談後約1年

相談の背景

ご相談者は配偶者から不貞行為を疑われ、離婚と慰謝料を求められたことがきっかけで相談にいらっしゃいました。

お話をお聞きすると、離婚自体についてはお互い合意しているものの、不貞行為は事実無根とのことでした。また、配偶者名義の財産がいくらかあるとのことでした。

ご相談者ご自身が離婚調停を行い,不成立となった後でのご相談でした。

 

当事務所の対応

離婚と財産分与を求めて訴訟を提起しました。

 

結果

配偶者の財産の内容をすべて明らかにさせたうえで、総財産を折半する内容での裁判上の和解が成立し離婚することができました。

また、配偶者からの慰謝料請求については、和解条項に清算条項(これ以上お互い名目を問わず金銭その他の請求をしないことを約束する条項)が入れられたため,排除することができました。

 

担当弁護士の所感(担当:渡辺弁護士より)

財産分与が問題となる事案ではたまにあることですが,本事案も配偶者が自分の財産を明らかにすることを拒んだ事案でした。

このような場合には,調査嘱託という手続きを利用するなどして,全財産を詳らかにすることが大切です。

ご相談者の当初の希望通りの金額の財産分与を受けることができて一安心しました。

なお,調停の段階でご依頼をいただいていれば,訴訟にまで行くことなく同じ内容の結論を得られたのではないかと感じています。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

011-802-4545 受付時間 09:00〜18:000