自衛官の夫から,5年後の退職時に,支給された退職金から財産分与を受ける合意ができた事例


種類:財産分与

性別:女性

年齢:50代

お住まいの地域:札幌市近郊

解決までの期間: 1年半

相談の背景

夫の代理人から離婚を求める書面が届き,財産分与等の離婚条件について提示された段階でのご相談でした。夫は自衛官であり,5年後に退職を控えていました。

当事務所の対応

自衛官である夫が保有する退職金を含む財産を明らかにするよう求め,夫婦の共有財産の2分の1の金額を算出して,財産分与を求めました。

結果

退職までは夫に現預金がなく支払が困難であることから,支払時期を退職金受領から1か月以内として,退職金の中から相当額の財産分与を受ける内容での合意が成立しました。

担当弁護士の所感(担当:高橋弁護士より)

自衛官の離婚には,一般の会社勤務の方と異なる点がかなり多くあると感じます。特に,退職金の財産分与が絡む場合には,合意内容をきちんと検討すべきであると思います。ぜひ一度,弁護士にご相談ください。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。