【解決事例】攻撃的だった夫の態度を軟化させ、慰謝料・養育費・離婚の請求を認めさせた事例


種類:離婚等請求(慰謝料、養育費、財産分与)

性別:30代

年齢:女性

お住まいの地域:札幌市

解決までの期間: 約1年間

相談の背景

3歳と1歳のお子様のいるお母様からの離婚相談です。
夫の残業や休日出勤、朝帰りが急に増えたことから浮気を疑い、調査会社に調査を依頼したところ、複数の女性と浮気をしていることが明らかになりました。
協議(話合い)では話し合いがまとまらず、離婚調停を申し立てました。

夫の不貞行為に離婚原因があることは明白でしたが、夫が強く親権を主張したことから、調停が不成立となり、離婚訴訟に長期間を要する可能性がありました。また、慰謝料や財産分与額にも争いがありました。

 

当事務所の対応

夫からご本人やお子様への暴力はなかったことから、積極的に面会交流を進めていきました。

ご本人の不安を解消するため、万が一にもお子様の連れ去りができないよう面会交流の場所の選定やお子様の受け渡しに細心の注意を払いました。
その結果、お子様にとっても父親にとっても楽しい面会交流をすることができ、夫には親権を取得できなくとも、お子様との親子の交流を続けることができるという安心感が得られたとのことで、調停での話し合いをとてもスムーズに行うことができました。

結果

お子様達の親権はお母様であるご本人が取得することができました。
夫は、お子様達の大学卒業までの養育費と慰謝料750万円を支払うことを約束し、調停離婚が成立しました。

担当弁護士の所感(担当:髙橋弁護士より)

当初、夫の態度は攻撃的で、なかなか話し合いもできない状況でした。また、ご本人も複数人と浮気をしていた夫に対して怒りのお気持ちが強く、お子様との面会交流は難しい状況でした。

ただ、弁護士との打合せを行う中で、紛争を早期に解決して安定した生活を行うことや、お子様と父親との交流の必要性を感じるようになり、弁護士が立ち会うことを条件に面会交流を実現することができました。

お母様のフォローの結果、お子様も安心して父親と会うことができ、有意義な面会交流ができたことで、夫の態度は急速に軟化し、ほぼご本人の要求通りの内容で調停を成立させることができました。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

011-802-4545 受付時間 09:00〜18:000