妻の不貞の証拠が見つかり、相手男性に対して慰謝料請求をした事例


種類:慰謝料請求

性別:男性

年齢:30代

お住まいの地域:札幌市

解決までの期間: 1年

相談の背景

婚姻中に、妻の不貞の証拠が見つかりました。そのため、妻と不貞関係にあった相手方の男性に対して、慰謝料を請求したいというご要望がございました。

当事務所の対応

相手方男性の住所調査をしたうえで、相手方男性に対して慰謝料請求の内容証明を送付しました。その後、相手方男性が不貞を否定したため、裁判所に対して慰謝料請求の訴訟を提起しました。

結果

元妻と相手方男性の不貞関係があった可能性が高いという裁判官の心証が得られましたので、慰謝料300万円が支払われる内容で、和解が成立しました。

担当弁護士より 担当弁護士:小泉 純

不貞の慰謝料請求については、どのような証拠があるかが重要となります。手持ちの証拠で慰謝料請求が認められるかについては、専門的な判断が必要となります。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。