夫の不貞相手に慰謝料を支払わせ、二度と夫と関係を持たないことを誓約させた事例


種類:不貞慰謝料請求(請求者側)

性別:女性

お住まいの地域:札幌市近郊

解決までの期間: 6か月

相談の背景

夫の不貞行為が発覚しましたが、妻は離婚を希望しなかったので、不貞相手に対してのみ慰謝料請求を希望しました。

当事務所の対応

不貞相手に慰謝料を請求し、これに加え、夫に対して連絡や面会をしないことを求めました。

結果

不貞相手は慰謝料の支払いに応じ、夫に連絡及び面会しないこと、違反した場合は損害賠償を支払うことを約束させて和解しました。

担当弁護士より 担当弁護士:菅原仁人

配偶者が不貞行為を行っても離婚しない場合、配偶者が再度不貞相手と関係を持たないか心配される場合もあります。

事案によっては慰謝料が支払われるよりも関係が再開しないことをも目的に弁護士に依頼させる場合もあるので、このような場合は、和解に接触禁止条項や違約条項を入れて、その後の夫婦関係の平穏を取り戻します。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。