交際相手が既婚者であることを知らずにいたところ、交際相手の妻から慰謝料を請求された事例


種類・・・慰謝料

性別・・・女性

お住いの地域・・・札幌市

解決までの期間・・・3か月

ご相談の背景

知人の紹介で知り合った男性と交際していたところ、突然男性の妻から弁護士を立てて慰謝料を請求されました。交際相手に騙されていたショックや今後の手続が不安で仕事も手につかなくなり弁護士に依頼することとなりました。

当事務所の対応

妻の代理人からは慰謝料請求があったものの、男性が既婚者であったことを知らなかったし知ることもできなかったという点を強く主張しました。

結果

妻は、夫に対し慰謝料全額を回収することとなり、相手方女性に対する慰謝料請求を取り下げました。

担当弁護士より 担当弁護士:髙橋 亜林

交際相手となった女性は、男性と知り合ってから日が浅く、知人を通して知り合ったため男性が既婚者か否かを知る機会がありませんでした。最終的には、妻も夫が相手方女性を騙していたと考えるに至り、全責任は夫にあるとして、女性への請求を取り下げるに至りました。依頼者の女性は、いずれ結婚したいとまで考えていた男性からの裏切りや弁護士から内容証明郵便が送られてきたことで精神的に落ち込んでいましたが、無事に自分の責任がないことが認められ、やっと気持ちが晴れたと言って頂くことができました。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。