不貞をした夫に慰謝料300万円を払わせた事例


種類・・・慰謝料

性別・・・女性

お住いの地域・・・札幌市

解決までの期間・・・4か月

ご相談の背景

夫が不貞をして自宅を出ることで別居し、不貞相手と同居を始めました。その後、何の連絡も来なくなりました。妻は離婚に悩んでいたのですが、別居後1年を経緯に夫に対して離婚及び慰謝料を請求するため、ご依頼いただきました。

当事務所の対応

夫に対して、離婚及び慰謝料を請求することにしましたが、夫と離婚すると夫は不貞相手と結婚する可能性が高いことから、高額の慰謝料を請求することも考えられました。しかし、夫の給与は高くなかったことから、あまりにも高額の慰謝料を請求すると解決まで時間がかかる可能性もありました。

結果

夫に対して、慰謝料300万円、探偵調査費用、弁護士費用を請求し、このような金額が支払われたため離婚に応じました。

担当弁護士より 担当弁護士:菅原仁人

破綻慰謝料を請求する際に300万円を請求する事例は多いですが、最終的に支払われる金額は300万円を下回るのが多いため、この事例で支払われた300万円の慰謝料は高めの金額となります。また、損害賠償関係費用として探偵の調査費用と弁護士報酬も支払われたので、時間を掛けずに妥当な結論に至ることができました。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。