不貞の慰謝料請求において請求者と和解した事例


種類:不貞慰謝料請求(被請求者側)

性別:女性

お住まいの地域:札幌市近郊

解決までの期間: 6か月

相談の背景

依頼者と職場の同僚との不貞行為が、不貞相手の妻に発覚し、慰謝料300万円を請求されました。

当事務所の対応

慰謝料請求の対応を受任した後、相手方に対して事実関係を認め、謝罪し、二度と不貞相手と肉体関係を持たないことを約束しました。

結果

依頼者の謝罪が受け入れららたことから、当職請求されていた300万円の慰謝料を100万円に減額して和解できました。

担当弁護士より 担当弁護士:菅原仁人

不貞行為が発覚した場合、不貞相手の配偶者の被害感情が強い場合があります。このような場合は、不貞行為について反論せずに、事実関係を率直に認めることでその後の協議が円滑に進みます。また、不貞相手の配偶者から慰謝料を請求されたとしても、その責任は不貞行為を行った男女二人にあります。不貞行為により婚姻関係が破綻していない場合は、責任の半分は不貞相手にあると伝え、減額を求めることができる場合があります。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。