【解決事例】婚姻費用を個人再生した離婚相手から回収した事例


種類:離婚、婚姻費用

性別:40代

年齢:女性

お住まいの地域:札幌市近郊

解決までの期間: 1年

相談の背景

別居後、婚姻費用分担調停中に相手方である夫が個人再生手続を取ったため、妻側の債権者としての対応や未払婚姻費用の個人再生手続における取り扱いが問題となりました。

当事務所の対応

離婚調停、婚姻費用分担調停の申立てを行いました。夫の暴力により相談者である妻は精神的に抑圧されていました。

よくお話を聞き、客観的な解決方法や見通しをこまめにお伝えすることで、最後まで解決しようという気持ちを支えると共に、夫の債務整理手続が婚姻費用や離婚条件に与える影響を調査しました。

結果

最終的に未払い金額も含め婚姻費用は全額回収すると共に、離婚調停の中で、今後相手方である夫が接近しないよう取決めを行いました。

担当弁護士の所感(担当:菅原弁護士より)

離婚手続中に相手方が債務整理手続を行うというケースは意外とあるものです。

当事務所では、債務整理事件も多く取り扱っており、未払婚姻費用や養育費、慰謝料、財産分与といった離婚に関する金銭給付と法的な債務整理手続の関係については必要な調査を行いながら、債務整理手続の影響を最小限とするため解決にあたりました。

 

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

011-802-4545 受付時間 09:00〜18:000