【後悔しないために】離婚をしたいと思ったら準備しておきたい3つのこと


離婚を決意された方にぜひ準備をしておいていただきたいことが3つあります。

①離婚によって受け取れるお金を把握する

離婚をする際に受け取ることができる可能性のあるお金にはいくつかの種類があります。養育費,慰謝料,財産分与,年金分割が主たるものです。
これらについて,そもそも自分の場合に受け取ることができるのか,受け取ることができるとして金額はいくらなのかを知っておくことは,離婚して独立した生活を営むにあたってとても大切です。
これらの判断には専門知識を要することが多いので,ぜひ弁護士にご相談ください。
養育費について→こちらをご覧ください。
慰謝料について→こちらをご覧ください。
財産分与について→こちらをご覧ください。
年金分割について→こちらをご覧ください。

②離婚後の生活場所を確保する

離婚後は,配偶者とは別に住居を構えることとなります。離婚後どこに住むのかということは,離婚して新たな生活を営んでいく上で重要な検討事項と言えます。また,後述する離婚後の生活費を検討する上でも前提となります。
お子さんの学区,養育補助者の居住地,職場までの距離から,家賃額,間取り,周辺環境まで,いろいろな事情を考慮して,離婚後どこに生活場所を確保するかを早期に決めることが重要です。
また,マイホームがある場合には,どちらかがそこに住むのか,住宅ローンの支払はどうするのか,それとも売却するのか,といったこともあわせて考えなければなりません。

③離婚後の生活費の目途を立てる

離婚後は,これまでの家計の収支状況が大きく変わります。それまでは,配偶者の収入と自身の収入で家族全員の生活費をまかなっていたものが,ご自身の収入のみで生計を立てて行かなければなりません。
離婚後に元配偶者からもらえる可能性があるお金として養育費がありますが,必ずしも十分な金額になるとは限りません。
先に述べた離婚にあたって受け取れるお金と,毎月の養育費,そして児童扶養手当などの公的援助を受けながら,場合によっては家計を支えるためにご自身も働きに出て収入を得なければならない可能性もあります。
離婚後,新たな自立した生活をきちんと営んでいくことができるように,離婚後の生活費の目途を立てることはとても重要です。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。TEL:0120-661-760 相談受付時間 平日9:00~20:00(365日対応) お電話の際、相談希望の事務所をお伺いします。