当事務所の事件処理方針

弁護士法人リブラ共同法律事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当事務所は代表の男性弁護士1名、

女性弁護士2名で運営している離婚に強い法律事務所です

 

厚生労働省の統計によれば、結婚した夫婦は3件に1件以上の割合で離婚に至ると言われており、離婚は誰にでも起こり得るものとなっています。

しかし、ほとんどの方にとって離婚は初めての経験であり、戸惑い、不安に思われることも多いと思います。

また、結婚後、子どもが生まれたり、預貯金や自宅などの財産が形成されたことで、離婚に際してどのような取り決めをするかは、後日の紛争を予防するために必須となっています。

取り決めをしなかったために、本来受け取れるはずの養育費を受け取れない分与されるべき財産を受け取れないなど、不利益を被ったというご相談をお受けすることもあります。

特に、養育費の取り決めをしておかないと、その不利益は最終的に子どもに及ぶこととなり、塾の費用や学費が不足して子どもが希望する進路に進めなくなる可能性があります。

また、熟年離婚の場合は、長年夫婦で形成してきた預貯金、自宅、退職金といった財産が、多くの場合夫名義とされているため、財産分与について取り決めをしなければ、夫は裕福な老後を送る一方で、妻は離婚ができても貧しい老後を送らなければならないこともあります。

 

このような不平等を避けるためには、離婚の交渉段階から弁護士に依頼し、養育費や財産分与について相手方と交渉すべきです。


離婚事件は時間が経てば経つ程問題が複雑化することも多いため、早期の相談をお勧めいたします。

また、養育費や財産分与についての交渉が不要な場合でも、DVやモラハラのため、そもそも相手方との話し合い自体が心理的負担となり、離婚を切り出すことができない場合もあり、そのような場合にも弁護士に依頼する実益があります。

当事務所では、多数の離婚事件を解決してきた離婚の専門家である弁護士が、あなたの抱える不安の一つ一つと向き合い解決いたします。

当事務所のロゴマークは天秤で、天秤は弁護士バッジの真ん中にも描かれています。


事務所の名前の「リブラ」はラテン語で「天秤」を意味し、正義・公平を実現したいという私たちの思いを込めています。全ての依頼者に再び笑顔を取り戻していただくことを目指しておりますので、離婚についてお悩みの方は離婚の専門家である当事務所までご相談ください。

こちらもご覧ください

●弁護士紹介 ●解決事例 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●5つの強み

011-802-4545 受付時間 09:00〜18:000

ご相談の流れはこちら